始まります。「木の家本格改修」

梅雨明け宣言が今日発表され、いよいよ酷暑の季節を迎えます。
異常気象気象に見舞われる日本。蒸暑地域にあたる日本の夏の耐え難い湿度と高温をどう過ごすか、
木の家本格改修のテーマの一つです。
先日来からこの工事が大社町の旧家で始まりました。

画像



画像



広大な敷地にある築70年たった旧家です。長い間仕事の関係で空き家となっていた旧家に若いご家族が帰ってきます。
当初は解体新築も検討されていましたが、最終的には「改修」で「快適な住まい」に再生することに決定。

お子様の成長に合わせ安心してのびのび自然の環境の中で子育てができること。
出来る限り自然のエネルギーを取り入れ、省エネが図れること、きれいな空気環境の空間を作ることなどが今回の改修のテーマです。
それと大切なことは代々続くこの家の景観を残し、使える材料は再生して使用。子供たちに先人の思い出を語ることです。

新築でも、改修でも大切なことは、「どんな暮らしを実現していくか」というテーマ、コンセプトをご家族で話し合い、
その思いを私たちが共有することだと思います。
これから始まる「藤原の木の家」本格改修をお楽しみに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

koike
2012年07月17日 16:49
どんな改修になるのか楽しみです。
竣工しましたら、是非、見せてください。

この記事へのトラックバック