米子市・「現代町家」無事上棟です。

厳しかった冬の寒さも遠のき、雪解けの進む雄峰大山を望む米子市で趙海光先生設計の「現代町家」が無事上棟を迎えました。200坪の大きな敷地と見事にスケール感が合う設計となっています。 施主のM様の暮らし方への要望を趙先生がうまくまとめながら提案された計画案の検討が一年前からスタート。 やっと上棟を迎えたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は冬至?気温14.5度です。

今日は冬至。平年なら10度以下で強い西風が吹き荒んでいる頃です。しかし日中の気温14.5度。工事の進むO邸のすぐ近くの日本海も晴天に恵まれ、穏やかな表情を見せています。 上棟後なかなか好天気に恵まれなかったO邸ですが、昨日今日と天気に恵まれ、一気にパッシブソーラー集熱装置取り付けが進んでいます。 今回はガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Y邸完成お引き渡しです。

急に冷え込み本来の冬の寒さに見舞われた12月中旬です。目の前には広く田園地帯が広がる出雲市郊外。 鉛色の空から時折冬のありがたい陽射しが入ってきます。 今日はY邸様のお引き渡しを迎えました。 工事の最後にこの家のシンボルツリーとなる「シマトネリコ」が玄関横にうえられ、一段と外観が引き締まって見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲現代町家・ベーシック年末の上棟

先日基礎部分をご紹介した長期優良住宅「出雲現代町家・ベーシック」が上棟を迎えました。 ちょっと変わった通し柱のホゾ。2方向からの桁・梁に差し込まれます。この通し柱は平角柱といい、120×120の断面をもつのが普通ですが、120×180の断面を持っています。 (画像の向きが正常でありませんが直りません。お許しを!) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな山の診療所・改修工事完了です。

出雲市中心部から車で30分ほどの山間にある小さな診療所。村営時代から受けつがれ、今は2代目院長が個人医院として運営。地域でなくてはならない診療所です。名前も今どきのなんとか「クリニック」ではなく、村営時代のままの「S診療所」です。 先代の院長時代の診療所も築35年たってさすがにあちこちに不具合が生じてきて、改修工事をすることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えないところこそ大切

師走になって慌ただしくなってきました。この時期にも淡々と年内の上棟に向けてO邸では基礎工事が進んでいます。O邸は地域型住宅グリーン化事業「島根の森の家」プロジェクトで建てる国の長期優良認定住宅です。耐震等級2以上の性能を担保する一つが基礎構造。従来のベタ基礎の上に多くの布基礎の立ち上がりをすくなくして、地中梁で建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火の恋しい季節・ペレットストーブの温かさ

ここは岐阜県下呂市の山奥です。すっかり周りの山々が赤や黄色に色づいています。今年から取引を開始した国産ペレットストーブメーカー「シモタニ」さんのペレット製造工場を訪問してきました。 全国でも名高い森林県である岐阜県は、森林資源の循環を考えたエネルギー政策がとても充実した自治体です。だからこそ豊かな森林資源に囲まれたこのちいきで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more